2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姜尚中さん講演会 「デモクラシーは手間がかかる」

催しのご案内です。

当日、第二部として、姫路の北の市川町にある「デモクラティックスクールまっくろくろすけ」の代表の黒田さん及び卒業生の方も交えてのパネルディスカッションがあります。その進行役を私がおおせつかりました。

姜尚中さん、本はあまり読んだことはなかったのですが、テレビなどで話しているのを聞いて、しごくまっとうなことを話されるな、と思っていました。
『デモクラシーの冒険』と『母』、急いで購入しました。




9月25日(日)姜尚中さん講演会 「デモクラシーは手間がかかる」 開催

「デモクラシーの冒険」著者 東京大学教授 姜尚中さんをお招きし、講演会を行ないます。どうぞご参加ください。

日時:9月25日(日) 1時~4時半
場所:姫路市文化センター 小ホール
参加費:1800円(前売り1500円) 学生1500円(前売り1000円)

申し込み先:下記フォームよりお願いします。
お申し込みフォーム
https:/ /ssl.fo rm-mail er.jp/f ms/753b 62fa156 271
メール受け付け後、振込先をご案内します。
振り込み確認後、チケットとしてはがきを郵送いたします。

詳細こちらをご覧ください。 http://www.geocities.jp/makkurohp/kan-top.html


■主催:デモクラティックスクールまっくろくろすけ
■協力:西宮サドベリースクール フリースクールFor Life 大阪スコーレ 関西子ども文化協会 デモクラティックスクール・ネット ほか
■後援:姫路市 姫路市教育委員会




たこ焼きキャンプ・親の声

 「たこ焼きキャンプ」に参加した子どもの親御さんから、たくさんのメールやお手紙をいただいています。
 たこ焼きキャンプブログにも、こうした声やアンケートの結果などが載ると思いますが、ここにも掲載したいと思います。
 文章は要約したり、個人が特定できないよう手を加えたりしていますが、それでも、このキャンプが子どもにとっていかに楽しいことであったか、親御さんたちへの励ましになったかが伝わってきます。
 そして、福島に帰って行った子どもたちが、どんな困難な中で生活しているかも、リアルに伝わってきます。

 以下、親御さんたちのメールと手紙です。




○郡山の改札で、子供達が、涙目になりながら改札を出てきました。うちの子も泣いておりました・・・私も涙が出てきました。
きっと子供達の心の中は「帰りたくない、まだたこ焼きキャンプのみんなと一緒にいたい!」…きっと複雑な思いで、帰ってきたんだと思います。それほど楽しかったんだと思います。2週間の久々のわが子はどこか大人びて?!そして日焼けして、たくましく見えました!
 年に一度少しの間でもいいから、放射能のない土地へ行くことが、免疫力アップにつながるそうです。食生活をきちんとして、免疫力を低下させないことが大切なようです。また、あまり悲観的になってもいけないので、明るく楽しく(難しいけど)前向きに頑張っていこうかと思っています。
たこ焼きキャンプの皆さんの優しさが私達の心を励まして下さってるようで、本当に元気をもらいました、ありがとうございました。感謝しています。


全文を表示 »

さよなら原発 9.11神戸アクション
 4月、6月と神戸で脱原発の集会・パレードを主催した「さよなら原発・神戸アクション」が、震災から半年の日に企画したイベントです。くしくも、9.11です。
 参加者2000人をめざしています。

 私も、夏の「たこ焼きキャンプ」の報告をかねた発言をさせてもらう予定です。
 また、「放射能から子どもを守る」というブースに居て、いろいろな方のお話を聞いたり、意見を交わしたりするつもりです。

 どうぞおいでください。

 詳しくは、「神戸ネットワーク」のブログ
   http://kobenetwork.blog69.fc2.com/blog-entry-30.html

 チラシは、以下からダウンロードできます。
   http://firestorage.jp/download/9679d2d8492ae1b19bf4e3d7a27d55564b02dd7f

--------------------------------------------------------------------------------


さよなら原発 9.11神戸アクション

日時 9月11日(日)
集会       11:00~15:00
パレード     16:00~17:30
キャンドルナイト 18:00~21:00

場所 メリケンパーク(JR・阪神元町駅東口より南へ10分)

地図は下記のブログ参照
http://kobenetwork.blog69.fc2.com/blog-entry-30.html

チラシは以下のサイトからダウンロードできます。
http://firestorage.jp/download/9679d2d8492ae1b19bf4e3d7a27d55564b02dd7f

雨天決行

脱原発アクションウイーク(9.11~9.19)成功!


福島原発事故は私たちに、「いのちをおびやかす電気を使っていていいのか?」と問いかけています。

東日本大震災から半年の日に、大震災を経験した神戸から「さよなら原発」をアピールしましょう。

原発にさようなら全国集会(9月19日東京・明治公園)を成功させましょう。

いのちをつないで。


―集会―

(アピール)

ー脱原発を求める政治家からー
河野太郎さん(衆議院議員)
その他、兵庫県選出国会議員、地方議会議員、首長に参加依頼中

ー自然エネルギーを推進する神戸のベンチャー企業からー
粟田隆央さん(慧通信技術工業)(スマートグリッド)
津田久雄さん(新星電気)(太陽光発電)
鈴木清美さん(ノヴァエネルギー)(潮流発電)

ー原発現地の取り組みからー
宇野朗子さん(ハイロアクション福祉原発40年実行委員会)
(避難先の福岡県から駆けつけていただきます)
松下照幸さん(森と暮らすどんぐり倶楽部・原発反対福井県民会議)
(地域の若者を一次産業に誘い原発に頼らない生活を提言)

ー放射能から子どもを守る兵庫の取り組みからー
高橋昭憲さん(学校給食の放射能検査を求める取り組み)
小野洋さん(福島の子どもたちを受け入れたたこ焼きキャンプの取り組み)

 (うた・おどり)

 小野純一(プロテストソング) 
 かのうー百姓一揆ー(ロック)
 かわかみじゅん&咲野加(ギター&ピアノ弾き語り) 
 バチコンドーとみんな友達(アフリカンパーカッション&ダンス) 
 はるまきちまき(ピアノ&アコーディオン弾き語り)
 矢谷トモヨシ(ギター弾き語り) 
 ローションマニアックス(ブルース)

―パレード― 
メリケンパーク~元町~三宮~元町~メリケンパーク

アフリカンパーカッションや太陽光発電掲示板が先導し、楽しくアピールします。プラカードをなど持ち寄ってください。


ー未来への灯り キャンドルナイトー
AXE(ベリーダンス)
加納浩美(オリジナルソング)
Kayo&バグースバンド(ピースフルシンガー)
翡翠(hi+sui)(炎を使ったパフォーマンス)
藤原真奈美(南インド古典舞踊)
むぎしん(癒し系ユニット)

キャンドルアートは棗蝋燭(ナツメロウソク)さん。 


―ブース―
民族料理やビールなどの飲食物販売
フェアトレードや脱原発グッズなどの物品販売。
「エネルギーシフト」や「放射能被害から子どもを守ろう」などの企画ブースでステージ発言者と交流できます。
自然再生エネルギーへの転換を求めるパネル展示も。

よびかけ さよなら原発神戸アクション
協賛 さようなら原発1000万人アクション兵庫県実行委員会

賛同金(一口3000円)募集中
郵便振替番号 00900‐8‐110030 
口座名 神戸ネットワーク
(振替用紙 通信欄に「911」賛同金とお書きください)

問合先 高橋 090‐3652‐8652(携帯)078‐441‐1236(FAX)
dfadl300@kcc.zaq.ne.jp(Email)

フリースクールふぉーらいふで、原発震災の講座を

 前の書き込みで少し触れましたが、以下のように、原発震災の話をさせてもらいます。
 よろしければおいでください。




第一回 ふぉーらいふ人間大学講座
  「福島・原発震災から問われたこと」   講師 小野 洋 (スロースペース・ラミ代表)

 日時  8月30日(火) 13:00~15:00
 場所  NPO法人ふぉーらいふ (フリースクールふぉーらいふ)
      JR・山陽垂水駅よりバス「旭ヶ丘」下車
     地図 http://www.hi-net.zaq.ne.jp/forlife/fa_and_acc.html
     電話 078-706-6186
     住所 神戸市垂水区仲田2-1-32

 参加費  無料
 主催   NPO法人ふぉーらいふ

 ふぉーらいふは、神戸・垂水にある小学生以上の方を対象にしたフリースクールです。この度、小野洋さんを講師に迎えて「人間大学」と称して公開講座を開催します。
 小野さんは、オルタナティブスクール「ラミ中学校」の元スタッフで、現在は「スロースペース・ラミ」を主宰されています。東日本大震災後には、福島のフリースクールに物資を届けたり、子どもたちがのびやかに戸外で遊べるように…と明石に福島の子どもたちを招いて「たこ焼きキャンプ」プロジェクトを立ち上げ多方面にわたって支援活動をされています。
 小野さんから現地のお話や、子どもたちとのふれあいで感じられたことなどを伺うことにより、原発について考える機会にしたいと思っています。

全文を表示 »

「たこ焼きキャンプ」を終えて

 7月下旬から8月中旬まで、福島の子どもたち・親御さんたちと一緒にやった「たこ焼きキャンプ」にほとんど全力投球だったため、このブログが事実上お休みになってしまいました。

 また今日から2~3日おき更新を目指して復活させます!

 明日以降は、次のような情報についても掲載する予定です。

○8月30日、フリースクールふぉーらいふで、小野が原発震災や福島の子どもたちのキャンプで感じ考えたことをお話することになりました。「原発入門」みたいな話もできれば、と思っています。

○9月11日に、神戸元町のメリケンパークで「さよなら原発9・11神戸アクション」の集会・パレード・ライブ等があります。小野も「たこ焼きキャンプ」のことで発言させてもらうことになりました。

○9月25日 姜尚中講演会とパネルディスカッション
 「今、市民がデモクラシーをどう深め、子どもたちの人権をどうサポートしていくのか」
 姫路市文化センターにて  午後1時から
 主催・デモクラティックスクールまっくろくろすけ http://www.geocities.jp/makkurohp/

 なんと、小野もパネルディスカッションの進行役として出演します!姜さん、私にとってはテレビの中の人です。


 たこ焼きキャンプのブログは、今も更新されていて面白いです。

 以下の文章は、健康道場サラ・シャンティの通信に寄稿したものです。
 この文章の下に、参加した子どもの親御さんからのメールや手紙を一部抜粋したものを、了解がとれたら追加で載せる予定です。


福島の子どもたちとのキャンプを終えて
                                       小野 洋

 7月30日から8月11日の間、福島県の子どもたちを招いて、主に明石公園の近くの施設をお借りしてキャンプをしました。題して「明石であそぼう!たこ焼きキャンプ」。
 来てくれたのは、1歳から中学1年までの子ども28名とお母さんなど保護者6名の計34名。中には小学校1年生で子どもだけの参加が2名、小学校低学年の子どもが思いのほか多く、親元を離れての二週間弱という長期のキャンプ、どうなるかと思いましたが、参加した子どもも親御さんも、とても喜んで帰られ、無事にキャンプを終えることができました。

 広い明石公園を使っての外遊びのほか、明石市市内の小学校のプールをまるごとお借りすることができ、地元で入れなかった外のプールを満喫したほか、海でのカヌーの体験、天文科学館見学、明石の市場「魚の棚」見学、淡路島への遠足、須磨水族園見学、さらに明石公園の一角をお借りして小さな夏祭りをするなど、盛りだくさんの内容で、子どもたちも疲れ気味ながら、最後までキャンプを楽しみ尽くしたいという意欲がまんまんで、ほぼすべてのプログラムを実施することができました。
 当初心配していた資金や人材の問題も、たくさんの方のご意志に支えられ、クリアすることができました。食材や物資や子どもたちへのプレゼントもたくさんありました。また、キャンプの記念のTシャツも200枚以上買っていただきました。
短期間の準備で立ち上げたキャンプのため、不備な点もたくさんあったのですが、それを補うかのような人材が次々と集まり、誰が欠けても成り立たなかったような絶妙なチームワークで、キャンプを実現することができました。本当に感謝しています。

 キャンプの詳細については、「たこ焼きキャンプ」のブログ http://takocamp.exblog.jp/ にゆずります。(今も更新されています。)

全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

マスター

Author:マスター





無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。