2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経団連会長の発言に抗議しました

 とても腹がたったので抗議文をメールで送りました。もちろん相手が読むかどうかはわかりませんが、とにかく許せなかったので。

 昨日のニュース 『<経団連会長>「唐突感否めない」浜岡原発で政府対応を批判』
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000093-mai-bus_all
です。
 「電力不足の中、今後30年間で87%の確率で東海地震が起きるとの確率論だけで停止要請したのは唐突感が否めない」
 
 もし同じように感じる方がいたら、抗議のメールの宛先は、
  webmaster@keidanren.or.jp
です。

 以下、送った抗議文です。

 

日本経済団体連合会御中


 昨日の記者会見で、貴団体の会長、米倉氏が「電力不足の中、今後30年間で87%の確率で東海地震が起きるとの確率論だけで停止要請したのは唐突感が否めない」との発言をされたことがニュースで報道されました。
 「唐突感」云々については趣旨を理解できますが、「今後30年間で87%の確率で東海地震が起きるとの確率論だけで」と発言されたことには、怒りを通り越して唖然とするほかありません。

 そもそも、今回の福島第一原発の大事故は、「ありえない」「想定する必要がない」とされ、巨大津波に対する備えがまったくなされない状況の中で起きました。いわば「確率0%」のもとで起きたのです。
 それに比べ、東南海地震による津波は、ほぼ確実といっていいほどの確率で起こることが予想されています。それも「30年後に起こる」ということではなく、「今現在から30年後までに」87%の確率で起こるといっているのです。
 しかも、福島の原発事故でよくわかったように、たとえ確率が低いとしても、起こってしまったら取り返しのつかないほどの被害が出るのが原発のシビアな事故なのです。

 こうしたことを考えれば、国民の命を守るべき政府が浜岡原発の一時停止を求めたのは当然のことであり、むしろ遅すぎると感じます。また、他の原発にも地震による危険がせまっていることを考えれば、十分な措置ではないとも感じます。

 確かに電力不足で、経済的な活動に様々な困難が発生することについては、なんらかの対策が必要です。しかしながら、深刻な原発事故がおきて広範囲な放射能汚染が起これば、この国の経済活動が吹き飛ぶほどのすさまじい事態が発生するのです。日本の経済界の中枢にいる方が、まるでこうした認識もないような発言をしたことに、驚きと怒りを禁じえません。日本国民の命より、経済活動を優先する、非人間的な感性を持っておられるとしか思えない発言です。

 米倉会長には、せめて、福島第一原発の事故の引き起こした深刻な状況を日々報じているニュースだけでも見ていただきたい。

地震や津波で自宅が被害を受けたのに、自宅をかたづけるどころか思い出の品や最低必要なものすら取りにいけない人たちがいることを。
 
 地震からの復興もできず、慣れ親しんだ仕事も住み慣れた地域も奪われて、故郷を去らねばならない人たちのくやしさを。
 
 多くの子どもたちが、放射線管理区域以上の被曝を学校の校庭でさせられ、がんの発症におびえながら生きていかなければならないことを。

 東京電力の社員や下請けの労働者たちが、おそろしい量の放射線を浴びながら必死に原子炉の暴走を食い止めていることを。

 豊かな自然の中で田畑を耕し牛を飼って暮らしていた何の罪もない福島県の農民たちが、田畑や牛を捨て移住せざるを得ない現実を。

 そして、再度爆発し、大量の放射能をばらまく恐れのある福島第一原発の現実を。

 どうかその目で確かめていただきたい。


 浜岡原発に関する発言を撤回し、真に日本を再生する経済の在り方を考えてくださるよう、切に要望します。


                                      2011年5月10日
                                      兵庫県在住   小野 洋


スポンサーサイト

コメント

追記

 昨晩急いで書いたため、まだ言い尽くせぬ感があり、後半部分に若干手を加えました。
 今日「週刊現代」の最新号を読んで知ったのですが、日本経団連はもともと東電と関係が深いようです。経団連の建物を建てるとき、巨額の寄付を東電がしたりしていたそうです。会長がこうした発言をするのは、もともとの体質なのでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masteron7.blog81.fc2.com/tb.php/50-0b73e20d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

マスター

Author:マスター





無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。