2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つっちーとの対話(2)

土山君へ
                          2006.10.23  小野 洋
 今回、掲示板に投稿された文章、やむにやまれぬ想いが伝わってきて、心を動かされました。
 実を言えば、今回の問題は政府の言うような意味とは別に、大変な危機でありながら、日本に住む私たちのあり方を問う大きな問題をはらんでいて、僕自身、どう考え何を言っていけばよいのか、困惑していたと思います。しかし君の文章を見て、今ものを言わなければいつ言うのかと思い、返信している次第です。

○僕もまた、土山君のように「日本は、北朝鮮だけでなく、アメリカなど核兵器を保有する国すべてに対して核の放棄を訴えた上で、北朝鮮と話し合うべき」と考えます。日本が本当に戦争にまき込まれてしまう危険も、君の言う通りです。現在の政府にもっとも鋭く対立している政党の一つである社民党ですら、最初に出した声明(10月6日・社民党談話「北朝鮮の核実験実施を非難する」)で、アメリカをはじめとした核保有国の責任に言及していませんでした。この事に僕はとても驚き、このままでは戦前の大政翼賛会のような政治の流れが本当にできてしまうのでは、と恐ろしさを感じています。世論のバッシングを恐れて正しいと思う事も言えないような雰囲気が今の日本社会に蔓延しているのを恐ろしく感じるのです。
   さらに、自民党の幹部である中川昭一氏が、悪乗りしたように「日本の核保有についての議論」がOKだといい、さらに「教育基本法に反対して騒ぎを起こすような教師の教員免許は剥奪すべきだ」(毎日新聞10/23朝刊)と言っています。この機に乗じて戦前のような軍国主義教育・思想統制を復活させ、日本全体を核軍事国家にしてしまおうと考えているとしか思えない人が、政権党の中心にいるのです。

○ただ、君の文章で、一つ気になるのが、「アメリカに敵視されている小国は、せめて核でも持たなければ対抗できないと考えるのは仕方のないことではないでしょうか?」というところです。僕は、アメリカであっても北朝鮮であっても核兵器と言う残虐非道な兵器を持つ事に断固反対です。
 アメリカの核に対して同じ核で立ち向かうという発想は大変危険です。現に日本の側でも中川氏や麻生外務大臣が「日本の核武装」について言及して物議をかもしました。「目には目を・核には核を」という考え方においては、ブッシュも金正日も中川昭一もなんら変わるところがありません。暴力が暴力の連鎖を作り出し、果てしない憎しみと殺し合いの泥沼が続いている地域が世界中に存在します。しかも核による攻撃は核による報復を呼び、地域限定の核戦争であっても回復困難な放射能汚染をもたらします。どんなに困難でも、暴力に対して非暴力で対抗するのが基本なのです。北朝鮮も核の力でアメリカに対抗すべきではないし、日本は北朝鮮に対しても核の廃棄を要求すべきなのです。

○そのことと関連してですが、キューバという国は、アメリカと目と鼻の距離にありながら、社会主義国であることを貫き中南米の反米の国々の先頭に立っています。核兵器も保有していません。そしてアメリカの経済制裁に苦しみながらも、有機農業を活発にしたり、貧しさを分け合うことで経済格差を是正し、わずかながらも経済成長を遂げていると聞いています。医療費が無料、教育にも国がかなりのお金を出し義務教育が充実しているなど、教育と福祉を大事にした社会をつくっているとの話もよく聞きます。
 それから、同じ中米のコスタリカという国は、日本と同じような平和憲法を持ち、しかも本当に軍隊を廃止しているとの事です。武力としては国境警備隊が2000人いるだけで、周辺の国といい関係を作っていて、もし他国に攻められたときはまわりの国に守ってもらうというやりかたの「集団安全保障」政策をとっているそうです。アメリカの侵略の下請けを日本がしたり、核の傘を利用したりする日米安保条約とはかなり違うやり方のようです。このコスタリカについて書かれたブックレット、伊藤千尋(朝日新聞記者)著『勇気の源はなんかですか?』(憲法9条メッセージプロジェクト発行)を君の所へ一冊送ろうと思っています。

○それから、これからの日本の進み行きについて、「北東アジア非核地帯」という考え方があるのを知りました。日本・韓国・北朝鮮の三カ国(これにモンゴルを加えて四ヶ国にする案、また中国・ロシアも加える案もあるようですが)を非核地帯とする考え方です。身近なところから平和を作り出す、という意味で日本のあちこちに「非核宣言」をしている自治体がありますが、とてもいい発想に思えます。こうした取り組みに本腰を入れるというようなことこそ、今、日本の政府がするべき事だと思うのですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masteron7.blog81.fc2.com/tb.php/3-3f094db0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

マスター

Author:マスター





無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。