2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六ヶ所村ラプソディー

 「六ヶ所村ラプソディー」という映画を観ました。
 原発の事はずっと関心を持ってきたつもりでいましたが、改めて問いつめられた気がします。

青森県下北半島六ヶ所村に作られた使用済み核燃料再処理工場が稼動すると、原発1基が一年で出す放射能をたった一日で大気中と海へ放出してしまう。
 使用済みの核燃料を再処理することで取り出すのは、核兵器に簡単に転用できるプルトニウム。そのプルトニウムを使って福井県若狭湾にある「もんじゅ」という高速増殖炉で燃やせば、また新たにプルトニウムが生まれて、ウランがなくなっても半永久的に発電ができる…という夢のような話はウソで、世界中で商業運転できた高速増殖炉はなく、「もんじゅ」も事故を起こしたままストップ、もし事故を起こせばとてつもない事故になる… しかもこのプルトニウムは猛毒であり気の遠くなるほど時間がたたないと放射能は半減しない。しかたがないので、ウランとプルトニウムを混ぜた「MOX」という危険な核燃料を作って既存の原発で燃やそうとしている…。
 こうした「核燃料サイクル」の中で次々作り出される高レベルの廃棄物は、近づいただけで死に至るような強烈な放射能を持ち、高い熱を出し続ける。この核のゴミを最終的に地中深く埋める場所も、今のところ日本国内に候補地がない。(高知県の東洋町がそのための調査受け入れをしようとしたが、町長選で反対派が勝ったのが最近のこと。)
 こうした事を知っているだけでした。

 映画の中でまず出てくるのが、再処理工場の風下で有機農業をずっとしてきた人たち。その中で少数だが反対運動を続けてきた人たち。「安全なたべものを」と心をこめて野菜を作ってきたのに、再処理が始まればたちまち放射能に土が汚染されてしまいます。
 そして次に、生活のためにやむなく再処理工場の関係の仕事を選んだ人たち。「国策だからね。私らが反対したって仕方がないよ。」「他に仕事もないし、この仕事をしていれば、たぶん一生食っていける。子どもも育てないといけないし。」それはとても危険な仕事でもあります。かつて反対運動を激烈にやってきた漁師たちも、次々にお金と生活の問題で切り崩されてしまいました。
 また、むしろ積極的に再処理工場を受け入れ生きていこうとする人たちも出てきます。その中の一人、再処理工場の中での作業着の洗濯の仕事を受注しようとしているクリーニング店の店主の言葉…「私らも電気は使うよ。でも、一番電気を使ってるのは都会の人間じゃないか。誰かが再処理の仕事を引き受けなければ今の世の中がなりたたない。」
 反対派・推進派両方の立場の人たちを描いたこの映画の監督、鎌仲ひとみさんはこう言います。「全国から核廃棄物が集まってくる六ヶ所に生きるということは、くらしの根っこに核があることを日々つきつけられながら生きることに他ならない。電気エネルギーを使う日本人全ての難題に、地元の人々は向き合って生きている。…原子力とどのように向き合うのか、それは一人一人がどう生きるのかを問われることに等しい。自分自身の選択を生きる人々の日常。そこから私たちの未来が立ち上がってくる。」

 エネルギーを大量に消費する生活を変えなければ、とは思ってきました。しかし、原発より更に危険な施設を受け入れざるを得ない地域に生き暮らす、ということがどういうことなのかをつきつけられ、「今まで何をしてきたのか」と映画を観た晩はなかなか寝つけませんでした。地球温暖化対策の一つとして、政府は原子力発電の推進を挙げていますが、私たちが原発の電気を使う分だけ青森の人たちの頭の上に放射能が降るのです。そして行き場のない核のゴミが若狭湾など原発立地や下北半島にたまっていくのです。地球温暖化を止めなければ大変なことになる、でも原発を使えば未来永劫、私たちの子孫に核のゴミを押しつけることになる…。
 六ヶ所村の再処理工場は、今年11月、本格稼動を始めます。

  「六ヶ所村ラプソディー」公式ウェブサイト
      http://www.rokkasho-rhapsody.com/index2
  <上映問合わせ> 
     グループ現代 「六ヶ所村ラプソディー」製作プロジェクト 
     上映配給担当:巌本(いわもと)  TEL:03-3341-2863


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masteron7.blog81.fc2.com/tb.php/22-7c8706e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

マスター

Author:マスター





無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。