2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま、思うこと

 暑い。
 これが温暖化だ!…と言ったら「専門家」に笑われるか。
 でも、台風が夏前にまとめて来たり、北極の氷が史上最小にまで溶けてしまったり、水神が暴れるような雷鳴轟く「夕立ち」が来たり、まちがいなくカタストロフィーは近づいている。

 この猛暑の直前に、中越沖地震で柏崎・刈羽原発がダメージを受け、東京電力は夏の電力需要のピークを綱渡り状態で乗り切ったという。クーラーをやたらと使うような世の中になって、地球が温暖化して猛暑になって、温暖化対策にもなると言ってた原発が地震で壊れて、やむなく火力発電をフル稼働させて、二酸化炭素をよけいに放出して温暖化が進む…という絵に描いたような悪循環。

 熱中症で亡くなった方の何人かは、都会で一人暮し、クーラーもないアパートの部屋を閉め切っていた高齢者だった。ここにも「格差社会」がある。窓を閉め切らなければ安心して寝られなくなってしまった不安な社会の犠牲者でもあるのでは。

 「マイバッグ」が声高く叫ばれるスーパーマーケット。やっぱり魚は好きなので買おうと思ったら、一枚5円のビニール袋より多く石油を使っていそうな豪華な発泡トレイ。「衛生」を過剰に求める消費者が悪いのか、発泡トレイを作っている企業が倒産しないためにやむを得ないのか。買い物袋以外でスーパーは他にどんな努力をしているというのだろう。
 京都議定書のCO2削減目標を、日本が達成するのが極めて困難なのだそうだ。「AC」とかがやっている温暖化防止のコマーシャルにむかつくのは僕だけか。もちろん、一人ひとりがやらなければいけないことはたくさんある。僕自身も、えらそうなことは言えない。でも、スーパーも企業も国も、ある程度「金儲け」を犠牲にしてでもやらなければいけないことがあるのではないか。ヨーロッパの都市のように「パーク・アンド・ライド」で都市の中心部に車を走らせないなど、国が本気になればできるのではないか。たくさん道路を作って電車やバスを減らしておいて、「エコドライブを!」とは、どういうこっちゃ?

 数年後にはもっと暑い夏を迎えなければならないかもしれない。その時僕らは、恐ろしい放射能災害におびえながら、クーラーをガンガンつけて寝るしかないのか?

      

全文を表示 »

スポンサーサイト

忘れられた日本人

 最近、岩波文庫から出ている「忘れられた日本人」という本を、とても楽しく読んでいます。
 戦後間もない頃、辺境の地を含めた日本を隈なく巡り、名もない「常民」たちが暮らしの中で築いてきた文化や共同社会を記録した民俗学者の宮本常一という人が書いたものです。

 「村」というと閉鎖的で窮屈な人間関係で…というイメージが僕には強かったのですが、読んでみると村の中での自然なかたちの助け合いも多く、長々と「寄り合い」をして村のことを決めていくなど、共同体としてすぐれたものを持つ村も多かったようです。「世話焼きばっば」が必ず村に一人いて、夜中に不幸な女の人の家を訪ねて話を聞いてやったり貧しい家に食べ物を届けたり…。

 今、日本でも世界でも抱えきれない苦しみに追い詰められた人たちが自らを滅ぼし、恐ろしい事件を引き起こしています。昔の村のやり方に、そのまま戻るのは非現実的であり、問題も多いことだけれど、「助け合い」を基本にした人と人との関係を「忘れられた日本」に学びつつ新たに創り出すことの大切さを、読みながら感じています。

新しい年に

 この正月、例年通り倉庫から火鉢(と言っても、七輪がすっぽり入る簡易なもの)を出し、炭をおこして餅を焼いたり、するめをあぶったり、日本酒を燗したりして過ごした。昨年は年末ぎりぎりまで格別の忙しさだったが、なんとか大晦日に手作りの「おせち」も間に合って、近くに住む知人を招いた新年会も例年通りすることができた。
 毎年正月にしか使わないこの炭火鉢だが、今年は使ってみていろいろ考えさせられた。 まず、やはり火鉢で炭、という光景がなんとものんびりしていて気分がいい。餅の焼け具合、湯の沸き方、魚の焼け方がやはりいいし、炭を使っていると部屋の空気まで良くなっているような気がする。(炭には浄化作用があるからたぶん実際に空気がきれいになっていると思う。)そして、この正月くらいの比較的あたたかい天気だったら、ストーブをつけなくても火鉢とコタツだけで十分あたたかく過ごせる。また、この炭のあたたかさというのが、なんともやわらかい。

全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

マスター

Author:マスター





無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。