2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姜尚中さん講演会 「デモクラシーは手間がかかる」

催しのご案内です。

当日、第二部として、姫路の北の市川町にある「デモクラティックスクールまっくろくろすけ」の代表の黒田さん及び卒業生の方も交えてのパネルディスカッションがあります。その進行役を私がおおせつかりました。

姜尚中さん、本はあまり読んだことはなかったのですが、テレビなどで話しているのを聞いて、しごくまっとうなことを話されるな、と思っていました。
『デモクラシーの冒険』と『母』、急いで購入しました。




9月25日(日)姜尚中さん講演会 「デモクラシーは手間がかかる」 開催

「デモクラシーの冒険」著者 東京大学教授 姜尚中さんをお招きし、講演会を行ないます。どうぞご参加ください。

日時:9月25日(日) 1時~4時半
場所:姫路市文化センター 小ホール
参加費:1800円(前売り1500円) 学生1500円(前売り1000円)

申し込み先:下記フォームよりお願いします。
お申し込みフォーム
https:/ /ssl.fo rm-mail er.jp/f ms/753b 62fa156 271
メール受け付け後、振込先をご案内します。
振り込み確認後、チケットとしてはがきを郵送いたします。

詳細こちらをご覧ください。 http://www.geocities.jp/makkurohp/kan-top.html


■主催:デモクラティックスクールまっくろくろすけ
■協力:西宮サドベリースクール フリースクールFor Life 大阪スコーレ 関西子ども文化協会 デモクラティックスクール・ネット ほか
■後援:姫路市 姫路市教育委員会




スポンサーサイト

さよなら原発 9.11神戸アクション
 4月、6月と神戸で脱原発の集会・パレードを主催した「さよなら原発・神戸アクション」が、震災から半年の日に企画したイベントです。くしくも、9.11です。
 参加者2000人をめざしています。

 私も、夏の「たこ焼きキャンプ」の報告をかねた発言をさせてもらう予定です。
 また、「放射能から子どもを守る」というブースに居て、いろいろな方のお話を聞いたり、意見を交わしたりするつもりです。

 どうぞおいでください。

 詳しくは、「神戸ネットワーク」のブログ
   http://kobenetwork.blog69.fc2.com/blog-entry-30.html

 チラシは、以下からダウンロードできます。
   http://firestorage.jp/download/9679d2d8492ae1b19bf4e3d7a27d55564b02dd7f

--------------------------------------------------------------------------------


さよなら原発 9.11神戸アクション

日時 9月11日(日)
集会       11:00~15:00
パレード     16:00~17:30
キャンドルナイト 18:00~21:00

場所 メリケンパーク(JR・阪神元町駅東口より南へ10分)

地図は下記のブログ参照
http://kobenetwork.blog69.fc2.com/blog-entry-30.html

チラシは以下のサイトからダウンロードできます。
http://firestorage.jp/download/9679d2d8492ae1b19bf4e3d7a27d55564b02dd7f

雨天決行

脱原発アクションウイーク(9.11~9.19)成功!


福島原発事故は私たちに、「いのちをおびやかす電気を使っていていいのか?」と問いかけています。

東日本大震災から半年の日に、大震災を経験した神戸から「さよなら原発」をアピールしましょう。

原発にさようなら全国集会(9月19日東京・明治公園)を成功させましょう。

いのちをつないで。


―集会―

(アピール)

ー脱原発を求める政治家からー
河野太郎さん(衆議院議員)
その他、兵庫県選出国会議員、地方議会議員、首長に参加依頼中

ー自然エネルギーを推進する神戸のベンチャー企業からー
粟田隆央さん(慧通信技術工業)(スマートグリッド)
津田久雄さん(新星電気)(太陽光発電)
鈴木清美さん(ノヴァエネルギー)(潮流発電)

ー原発現地の取り組みからー
宇野朗子さん(ハイロアクション福祉原発40年実行委員会)
(避難先の福岡県から駆けつけていただきます)
松下照幸さん(森と暮らすどんぐり倶楽部・原発反対福井県民会議)
(地域の若者を一次産業に誘い原発に頼らない生活を提言)

ー放射能から子どもを守る兵庫の取り組みからー
高橋昭憲さん(学校給食の放射能検査を求める取り組み)
小野洋さん(福島の子どもたちを受け入れたたこ焼きキャンプの取り組み)

 (うた・おどり)

 小野純一(プロテストソング) 
 かのうー百姓一揆ー(ロック)
 かわかみじゅん&咲野加(ギター&ピアノ弾き語り) 
 バチコンドーとみんな友達(アフリカンパーカッション&ダンス) 
 はるまきちまき(ピアノ&アコーディオン弾き語り)
 矢谷トモヨシ(ギター弾き語り) 
 ローションマニアックス(ブルース)

―パレード― 
メリケンパーク~元町~三宮~元町~メリケンパーク

アフリカンパーカッションや太陽光発電掲示板が先導し、楽しくアピールします。プラカードをなど持ち寄ってください。


ー未来への灯り キャンドルナイトー
AXE(ベリーダンス)
加納浩美(オリジナルソング)
Kayo&バグースバンド(ピースフルシンガー)
翡翠(hi+sui)(炎を使ったパフォーマンス)
藤原真奈美(南インド古典舞踊)
むぎしん(癒し系ユニット)

キャンドルアートは棗蝋燭(ナツメロウソク)さん。 


―ブース―
民族料理やビールなどの飲食物販売
フェアトレードや脱原発グッズなどの物品販売。
「エネルギーシフト」や「放射能被害から子どもを守ろう」などの企画ブースでステージ発言者と交流できます。
自然再生エネルギーへの転換を求めるパネル展示も。

よびかけ さよなら原発神戸アクション
協賛 さようなら原発1000万人アクション兵庫県実行委員会

賛同金(一口3000円)募集中
郵便振替番号 00900‐8‐110030 
口座名 神戸ネットワーク
(振替用紙 通信欄に「911」賛同金とお書きください)

問合先 高橋 090‐3652‐8652(携帯)078‐441‐1236(FAX)
dfadl300@kcc.zaq.ne.jp(Email)

ふりー!すくーりんぐ一泊交流会

ふりー!すくーりんぐ一泊交流会
             …… 今年で四回目!

 フリースクール等子ども・青年に関わる活動をする団体のゆるやかなネットワーク「ふりー!すくーりんぐ」の四回目の一泊交流会が、10月12~13日、明石公園内「あさぎり寮」で行なわれます。
 フリースクールだけでなく、さまざまな活動をする団体が、ゆるやかにつながって出来た輪『ふりー!すくーりんぐ』の年に一度の楽しいイベント。今年は、今までとは違ったメンバーから分科会の申し出があり、今まで以上に熱のこもった話し合いになりそうです。また、シンガーソングライターの伊吹留香さんが東京からかけつけて二日間参加してくれます。(伊吹留香さんは子どもの頃に不登校や引きこもりを経験。公演の合間に全国あちこちのフリースクールを訪れています。ミュージカル『夜回り先生』の挿入歌を担当。)
 どなたでも参加できます。詳しくは

   ふりー!すくーりんぐホームページアドレス
            http://www.geocities.jp/freeschoolring/
                                          

やっぱり「天国はつくるもの」だった

   やっぱり「天国はつくるもの」だった
            …十五少年との小豆島自転車旅行…     

 「そうだ、小豆島に行こう!」と思い立ったのが、5月に入ってからのこと。
 去年は、原発銀座と呼ばれている福井県・若狭に、原発を観に行くのでなく、あえて若狭の自然の素晴らしさ、歴史と文化の深さを体で知るような旅をしようと、到着地の小浜で炭焼きを体験したり明通寺を初めとした名跡を自転車で巡ったりした。もちろん、長年、反原発運動に取り組んできた明通寺住職・中嶌哲演さんのお話もうかがった。
 思えば、今年で11年目になる自転車旅行の目的地は、そう意識して決めたことではないのだが、環境問題に関係する場所が多かった。最初の年、3人の子どもたちが奈良県の山奥まで走った時の目的地は植林された山を自然林に戻そうという活動をしている山小屋だったし、二回目からも田舎暮らしをする知人の所だったり環境保護活動をしている方の住む瀬戸内海の過疎の小さな島だったりした。水俣を訪れ、屋久島にも行った。
 今年。どこに行こうか悩んでいる頃に目に入ったのが、「てんつくマン」とその仲間たちが小豆島を拠点に進めているプロジェクト『豪快な号外』のホームページだった。

 ラミ中に来ている5人の子どもに地球温暖化についての授業をしたところ、関心も高く、詳しくいろいろな事を知っている子もいて、ラミ中のまわりの住宅地で『豪快な号外』のポスティングをしようということになった。秋の「ラミ中祭」のチラシのポスティングを毎年するので、ポスティングは皆お手のもの。嬉しかったのは、玄関先に出ている近所の人に「地球温暖化のことを書いた新聞です。」と言って手渡すと、大体の人が「ありがとう、ごくろうさま。」と言ってくれたこと。ふだん声高にものを言わない人でも、温暖化の問題は心配なのだ。
 ラミ中の通信で『豪快な号外』の話を発信したところ、何人かの人がもうすでにこの話を知っていて動いていたり、ラミ中から号外を取り寄せて配ったりしてくれた。自転車旅行にも参加したある子は、お母さんから号外の話を聞いて、早朝5時に起きて近所にポスティングしに行き一日で1000部も配った。メールなどで、「うちでもキャンドルナイトしました」「最近は子どもたちの方がエコに敏感で、電気をマメに消してまわっています」などの声も聞いた。
 自転車旅行の説明会と合わせて映画『天国はつくるもの』の上映会をした。自転車旅行に参加する予定の小4~高校生の子ども達にはちょっと難しいかな、と思ったが、多くの子が最後まで観てくれて、小6の一人の子が家に帰ってから「あー、面白かった」と言ったのを後から聞き、子どもの感じる力をあなどっていた、と反省する次第。

  

全文を表示 »

私の願い

 最近ある方と話し込んでいて「小野さんは何故ラミ中をやっているんですか?」といきなり本質的なツッコミを入れられて、ドキっとしました。自分の中には正直言って「子どものために」とか「社会が良くなるように」といった善意や正義感はほとんどありません。(すみません!)

 「僕はただ、自分らしく生きいきとしている子どもと共に居たい、一緒に生きてることを楽しみたいだけなんです。」と思わず答えました。

 僕にとって、今まで出会った子どもは、一人ひとりがかけがえのない“花”です。僕はその子たちが精一杯育ち、思い思いに咲くところが見たかった。その花園で自分も踊りたかったのです。

 率直に言って、今の学校の現実、いや社会全体の現実が、一人ひとりの“花”を豊かに咲かせることをとても困難にしているように思えます。ラミ中だけでなくフリ―スクールなどのオルタナティブな、もう一つの学びの場が社会的に広く認知されることを心から願うこの頃です。
                      
                      (ラミ中だより2007年6月号より)

«  | HOME |  »

プロフィール

マスター

Author:マスター





無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。